大赤字!!PPCアフィリエイトで犯してはいけないミスとは

ppcアフィリエイトでは失敗するケースもいくつかあるので

失敗しないためにもここでは犯してはいけないミスを説明します

 

適当な知識では実践してはいけない

PPCアフィリエイトでは説明した通りきちんと法則を守っていけば

かなりのメリットがあるアフィリエイトです
しかし、PPCアフィリエイトでは、赤字になってしまう危険性もあるアフィリエイトなのです

それも下手すれば万単位で・・・。

なので中途半端な知識で進めてしますと赤字になってしまうのでこのサイトで説明している

PPCアフィリエイトで必ず儲けることができる法則や下記の事ははきちんと守ってください

 

リスティングNG広告でPPCアフィリエイト

PPCアフィリエイトでは意外にも犯してしまうミスがリスティングがOKかどうかを確認して

いないことです
アフィリエイトの商品のなかにはPPCアフィリエイトができないものもあります

これはASPの管理画面にリスティングNGと書いていたらPPCアフィリエイトで

ユーザーを誘導して商品を購入してもらっても報酬が入らないのです
つまり、広告費だけが掛る最悪の事態になります

 

『リスティング一部OK』にも要注意

グーグルアドワーズやYahooプロモーションで集客することを条件付きで

可能な商品もあります
これはASP管理画面にリスティング一部OKと書いていたら条件付きで

PPCアフィリエイトができるということです

よくあるのが、PPCアフィリエイトする場合『商品名』を含むキーワードでプロモーション広告を

出稿しないでくださいといったものが多いですね
広告依頼主がリスティングキーワードをどうして禁止にしているのかというと

広告主がそのキーワードで、リスティング広告を自社で出しているため、

同じ販売ルートで争っても損でしかないのと、新しい販売ルートでの販売をしてほしい

ことがあげられます
ともあれ、リスティングNG・一部OK・OKの三つのどれかしっかり

確認してPPCアフィリエイトをしないと大赤字になるので気を付ける

必要があります

PPCアフィリエイトで購入率が高くなる4つの具体的なキーワード選定

普通のサイトでは自分の狙っているキーワードで検索されたとしてもかなりSEOが強くないと

上位表示されないのですが、

PPCアフィリエイトでは、検索エンジンで自分の設定したキーワードが

検索されたら自分のサイトへ誘導することができる広告が表示されるのです

そこで大事になってくるのが自分の設定するキーワードです

 

購入率が高いキーワードを設定することによって

成果が大きく変わってくるので説明します

 

購入したい人が検索するキーワード設定をする

検索ワード『○○ 購入』『○○ 通販』『○○ 販売ページ』

などで検索する人は○○を購入することに積極的なので

このようなキーワードで検索エンジンから集客すれば

アフィリエイトリンクもクリックしてもいやすく、購入率も高くなります

たとえば、『美容液』サイト構築している場合、

『美容液 購入』 『美容液 通販』など

検索ワード設定でいいですね

 

関係ないキーワード設定はしない

キーワード設定を自分がアフィリエイトしている

物と関係ないキーワードで集客しても広告費だけ掛かって

売れることはありません

 

報酬が発生しにくいキーワードを避ける

『○○ レビュー』『○○ 評判』『○○ 口コミ』などのキーワードで

検索する人はとても慎重派なのでなかなか購入に行動しないので

PPCアフィリエイト用のサイトで商品ページに飛ばしても

購入してくれることは少ないのでこのようなワードでの集客は

辞めた方が無難です

商品名での直接検索

アフィリエイトをしている商品などの固有名詞で検索するひとも、その商品を

購入したいと思っている人が多いで商品の固有名詞でキーワード設定をしましょう

美容液ならば例えば、『プラスピュアVC25』など具体的な商品名ですね!

 

PPCアフィリエイトにはキーワード選定ツールがあれば時間短縮をすることができて、上記の条件を満たすお宝キーワードを見つけることが出来ますね

 

 

ASP管理画面でしっかり確認

商品の固有名詞の使用が禁止の商品もあるので広告費だけ払って報酬がはいらない

最悪の場合にならないよう、必ずきちんと確認をしましょう

PPCアフィリエイトでどんどん売れていく記事コンテンツ方法とは

PPCアフィリエイトは、他のサイトアフィリエイトなどと比べ

記事制作が簡単でシンプルの構成でいいのですが

PPCアフィリエイトでより稼ぐ為の記事制作を説明します

 

企業ページを参考に

記事自体はペラページでよいのですが参考にする内容部分は

自分がアフィリエイトしている商品ページから

引用すると良いでしょう
公式の商品ページではマーケティングのプロが考えたサイトであるからです

自分でアフィリエイトする商品のキャッチフレーズや売れる理由を考えるよりかは

その商品の企業・プロが考えた説明の方が、確実性があるからです

 

記事内容はよりシンプルに

誘導サイトとしてよりシンプルで簡潔な情報を訪問者に伝えるために、

不利点などアフィリエイトしている商品以外の余計な情報は書かないように

しましょう
PPCアフィリエイトでランキングサイトを構成する場合も同様です

PPCアフィリエイトでは比較・ランキングサイトもかなり

有効になってきます

ここでも大事になってくるのが、商品以外の余計な情報は掲載しては

いけません
サイトアフィリエイトやグーグルアドセンスでは商品情報だけでなく

訪問者により情報を提供するためにも沢山の情報を掲載しますが

PPCアフィリエイトでは、無駄になります

むしろ、誘導ができなくあまりいい結果がでないです

 

なるべく企業バナーを使用しよう

基本的にはアフィリエイト商品が提供しているバナー

を使いましょう
バナーに関しても上記で説明した通りプロが考えてその商品をできるだけ

魅力的に見せるよう制作しています

なので自分で用意するよりは間違えが少なくなるでしょう

それに、バナーを使えば画像とアフィリエイトリンクの二つをまとめることができ、

よりシンプルな構成サイトが作ることができます

 

スクリーンショットは慎重に

企業の提供する写真が今ひとつであまり良い物がなくて、

自分でアフィリエイト商品の企業サイトから画像をスクリーンショットで

使用するのは危険性があります
スクリーンショットした写真でモデルや芸能人などを起用している場合など

規約を過ぎた芸能・モデル事務所に訴えられる可能性もあるので気を付けましょう