情報商材で成功した初アフィリエイト

情報商材で成功した俺の初アフィリエイト

 

トレンドアフィリエイトの教材・情報商材を最初に購入しました

 

サーバーのレンタルからワードプレスのカスタマイズまで一通りできるのですが、それでも私はアフィリエイトの情報商材に頼りたい気持ちでいっぱいでした。

 

テクニカルなことに関しては得意である一方、記事の作成については苦手意識が強く実際に文才がないことも自覚していたからです。

 

たった100文字の記事を作成する練習に取り組んだときには、下書きから推敲完了まで約5時間もかかってしまいました。

 

 

何かを書き始めるという作業から手が止まってしまい、頭を働かせようとしても私が世間に何をアピールしたいのかがわからなくなってフリーズしたからです。

 

 

その内容は単純な日記ですから、その辺にいる小学生よりも文才がないような気がして落ち込んでいたのです。

 

 

しかしながら、アフィリエイトの情報商材を知ってからというもの活用する気持ちが強まっていきました。

 

そもそも記事作成だけをアウトソーシングすればいいと友人から指摘されて私も考えたことがあったのですが、全てを自分の力で行いたかったので断念することになったのです。

 

 

私が注目したアフィリエイトの情報商材には、サーバーのレンタルなどテクニカルで重要なことは軽く触れていて大部分は記事作成に特化していました。

 

データ形式で購入してみたところ、冒頭部分には作業を継続させるための心構えが書いてありました。

 

とりあえず成果が出なくても諦めないで続けることが大切というマインドを植えつけられたので、その通りに粘り強く記事作成に挑戦することを決めたのです。

 

 

読み進めていると、ついに私が求めていた情報源にたどりつくことができました。

 

 

記事の作成においては構成パターンをいくつか自分もものにしておくと良いという内容だったので、紹介されている3つを頭に叩き込んで何度も日記形式の文章を作成してみることになります。

 

 

すると、100文字に5時間かかっていた私の作業時間が20分にまで短縮できたのです。

 

その結果として、主にコンピューター関連の記事を量産することが可能になりました。

 

一ヶ月に500記事作成するまでに成長し、それぞれ1000文字というボリュームです。

 

 

これを私が構築したサイトにアップロードしたら、たちまちアクセス数が増えて報酬が発生するようにもなりました。

 

月に数千円の広告収入だけですが、私にとっては大きな進歩です。

 

この一件で自信がついたので、今度はさらに大ボリュームの記事を作成できるように精進しようと思います。

アフィリエイト情報商材の実態

アフィリエイト情報商材の実態について解説していきます

情報商材と言えば、嘘くさかったり詐欺のイメージを持っている人も多いかと思います

 

しかし、情報商材は具体的な内容を書くことができ、商品として誰でも販売することができることから、低レベルな商品があったり、書籍にはないような具体的でエグイ情報が詰まっていることもあります
私自身はアフィリエイトの情報商材を購入していましたが、上記のように詐欺商材と言われるものが物凄いあったのも事実でした

 

きちんと下調べをすることで、詐欺のような商材ではなくきちんとした内容の商材にも出会うことが出来るのです

 

下調べの段階でもアフィリエイトで失敗しない為の方法を考えていかないいけないんですね

 

まずは、販売者を調べないと痛い目に合うことがあります

 

アフィリエイト情報商材では詐欺商材を発売している人はほとんどの情報商材が詐欺と言う事態ですからね

 

それから、販売しているASPにも気を付けないといけません
アフィリエイトの情報商材では他の商材等と同じで詐欺であふれています
なのでアフィリエイトのだから大丈夫と高を括ることがなくきちんとした判断で見てもらえたらと思いますね

そんな中でルレアプラスはかなり信用感が高い教材になります

 

これくらいは知っておけ!アフィリエイトで稼ぐ為の基本的な事項!

アフィリエイトで稼ぐ為に最も必要な事を説明していきますね

 

いろんなサイトを見て回ってて勉強になることってたくさんありますよね。

 

きれいなサイトなんて、見ただけで「すご~い!」って思えちゃいます

 

そこから見えてきた「稼ぐために必要なモノ」。

 

「稼ぐために必要なもの」ぱっと聞いて、どんなこと思いますか?

 

いろんなサイトみて回ってて思うんですけどホント、素敵なサイトが多いですよね

 

画像を使って分かりやすく工夫されてたり動画使って個性をだしたりいろんな仕掛けがあったりそのあたり、ど素人の私からみるともう、「プロだ!」ってホント思っちゃいます。

 

よく「3秒ルール」って言われますけどそのあたりを、凄く意識されてるのかなぁって。

 

LUREA plusルレアプラス レビュー・特典にはすべて体現化されて書かれているのでよくわかるかと思います

 

それに、「読みやすい」ように工夫してるんだなぁって。

 

それと比べて私のブログは、正月にテンプレートを思い切って変えたんですけどそれっきり、変わり映えもなく多分、再訪してくださっても、つまらない思いさせちゃってるかもしれませんね

 

トップバナー画像、頑張って作ったんですね、以前。それはもう、相当時間かかってます。

 

で、この仕上がりです。

 

見る人から見れば「埋まっちゃってますね~」です。

 

素人丸出しなんですよ。

 

以前、サイト崩れする直前までテンプレート変だったんです。

 

 

トップバナーの画像が、サイトから大きくずれてましたしフッターといって、サイト一番下の、案内表示のところもどっかにいって、消えてましたし他のサイトと、私のサイトを見比べたりしてて思ったこと。

 

なぜ、「あなたに伝わるように」ブログを立ち上げて発信してる、ブログのそういうところを直さないか。

 

きっと、これはもう本能的というか

 

カスタマイズすることよりも、伝えることのほうに時間をかけたい。って

 

そりゃね、伝えることもしっかりカスタマイズもしっかりこうすれば、より伝わりやすくなるかもしれない。

 

でも、今の私は「カスタマイズ」に関しては「もの凄く時間がかかること」なんですよね。

 

サイトが崩れた時は、記事が読めないってことだから、何時間も書けて、原因探してたし

 

記事内の、言葉のミスとか教えて頂けたら、すぐ直したりブログランキングのアバター画像を入れてないのを教えてもらった時も、3秒後には取り掛かりました。

 

けど、それは「必要最低限」ってところだから。それに、あなたの意見が、参考になるしあなたの「気づき」を教えてもらうって嬉しいから。

 

だから、即動けるのかなって。

 

いろんなサイトみてて、感じたのはきれいなサイトも見やすいし、読みやすいしインパクトもあるんですけど「伝えたいもの」がなければ結局は、印象に残らないんですね。
ブログが、「普通」で思いっきり、「素人さんだ~」ってサイトでも気がつけば時間かけて読みこんだこと、よくあります。

 

伝わってくるものが、違うんですよ。

 

「私」が求めているものと「相手」が伝えたいものとが一致するか、です。

 

きれいなサイトなんてプロの方なら、あっという間に作れます。

 

仕掛けも、画像やコンテンツも明らかに「プロだなぁ」ってサイト。

 

HTMLのことやSEOのこともそう。

 

じゃぁ、そのプロの方たちがアフィリエイトのサイトを自分で立ち上げたとして。

稼げますか?

 

そりゃ、その人たちは「外注さん」って呼ばれたりもするから雇われては、稼げてるんだろうけど

じゃなくて、プロの方が、「自分から発信」させるサイトで稼げるか。

 

稼げないと思います。

稼げるんなら、プロの方みんなやってると思いますよ。

 

「稼ぐために必要なもの」って何なのか?

 

「金持ちというのは、全てのものが無くなっても金持ちである。
なぜなら、その人自身が金を生むからである」

それ読んだ時、鳥肌がたちました。たしかに。

 

何もなくても、その人さえいれば又、築きあげていくことができる。

稼げる人って、何にも要らない。

 

「稼ぐ」って思いがあればもう、何もいらない。

 

その「稼ぐ」ってために、ブログを立ち上げて、情報を発信していくことは必要だけど。

それ以外は、いらないんだなって思いました。

 

アフィリエイトって、訪れた人に、「紹介する」仕事じゃないですか。

 

その「紹介する言葉」に気持ちこもってなかったら相手の気持ちも動きませんよね。

 

きれいごとだけ並べたっていくら「稼げますよ~」って言われたって知識をうんぬんいわれたってそこに「気持ち」がないと「気持ち」は動かないですね

 

アフィリエイトで稼ぐ為の基本的な事を説明します

 

作業をしていくうえで分からないことなど、どうしていますか?

 

アフィリエイトの作業って「一人」ですよね
することは、分かっていても、モチベーションが下がったり検索して調べながらの作業でも
経験あるアフィリエイターさんは、どんなふうにしてるのか気になったり。

 

合っているんだろうけど、「我流」になっていないか?無料レポート読んだけど、●●がよく理解できなかった。私の作業は、無駄がないか?

 

それ以前に、「モチベーションを上げたい!」とか

そういう理由で、先輩アフィリエイターさんにメールさせてもらってました。

 

アフィリエイトを始めたころって、特にお世話になってました

 

もし、今あなたが「不安」とか「分からない」とか「誰かに聞いてもらいたい」とかそんな風に「一人」で悩んでいたらいつでも気軽に、先輩アフィリエイターさんにメールするといいと思います

 

そんな私も、最近「お問い合わせ」というかメールを頂けるようになりました

 

稼ぐアフィリエイターになるための「基本中の基本」頂くメールを読ませてもらって、思ったことがあります。

 

「挨拶」「何が言いたいのか」「マナー」多分、じっくり考えてのメールじゃなくて思わずメールした!って感じだと思うんですけどその「勢い」は、ちゃんと伝わりました

 

例えば、でいうと相手のお宅に靴を揃えず入るような感じ、かな。

 

家の人も、来てくれたことは嬉しいけどちょっと心にチクっとする、といいますか。

 

あと、「何が言いたいか」です。

 

質問してくださってるのに、何を伝えているのか分からない時があります

 

答えたいんですけどどう答えたらいいのかな、何を聞きたくて、何を求めてるんだろう、
お返事に困っちゃう時があります
メール文を、入力したら「確認」してほしいな~って思いました。

 

ニュアンス的に分かる程度ならいいんですけどまったく理解できない内容になってたことがあります

 

そして、最後に「マナー」ですね。いくら、顔が見えない「ネットの世界」でもパソコンの前にいるのは「人間」です。

メールでお返事を頂いたら、そのあとはもう一度メールして「お礼」を伝えなきゃ、だと思います。

 

メールの最初と最後には、自分の名前を入れるようにしたり、とか。

 

これは、「アフィリエイターとして基本中の基本」だと思っています。

 

稼げているアフィリエイターさんってちゃんと「基本的なところ」はしっかりされてます。

人間性、というか。

 

で、なんでこのお話をしているかというと、そのメール下さった方に、文句が言いたいのではなく

いざメールのやり取りをした時自分自身の「基本中の基本」ができてなかったら

 

せっかく質問頂いたのに質問者は、「がっかり」してしまいませんか?

 

あなた、という「人」の「気持ち」や「思い」に訪問者さんが引き込まれて、購入につながっていくんだと思います。

 

一度自分自身を振り返ってみてはどうでしょうか

 

アフィリエイトで稼ぐ為の人と検索エンジンの両方を意識した記事タイトル決め方

アフィリエイトで稼ぐ為の人と検索エンジンの両方を意識した記事タイトル決めを解説していきます

 

記事タイトルがどういう役目を持っているかというと。

 

ブログランキング等で「新着記事」としてタイトルが出ます。

 

その時に、タイトルをみて「読んでみよう」と思って

 

クリックした経験は、あなたにもあるはず。

 

じゃあ、「なんで、クリックしたのか?」

 

あなたが、クリックして「読みたくなった理由」はなんでしたか?

 

あなたが、検索エンジンで調べ物をしてる時記事タイトルを見て「ここなら答えがあるはず」とクリックした経験、あると思います。

 

じゃあなぜ「ここなら答えがあるはず」とクリックしたのか?

 

ブログランキングなどで思わず「お?」とクリックしてしまったのは「興味」を引かれたからだと思うんです。

 

思わず興味をひかれるタイトルを書くと関係なく訪問されやすくなります。

 

人って「興味に弱い」気がします

 

どれだけ「興味をひけるか」。

 

記事タイトルをつける時にここを意識しておくと、訪問者の数に変化があるかもしれないです。

 

ここをね、知ってる、知らない関係なく「興味を湧かせるような」記事タイトルを考えてみては?

 

よく「興味をひく単語」ってありますよね。

 

つまりキャッチフレーズを使ってみるとかも有効ですね

 

よく使う検索エンジン。あなたも、調べる時には必ず?使いますよね。
探している側としては、作業がスムーズです。

 

検索エンジンが表示してくれたタイトルは「キーワード」にヒットしたタイトルを持ってきてくれただけなんですけど。

 

探している側は、「これこれ^^」って安心してタイトルを見て、クリック出来るんです。

 

ここには「興味」の部分よりも「求めている」部分が強いかもです。

 

検索エンジンが表示してくれるのはキーワードが含まれているモノ。

 

SEOを意識したタイトルをつけるってことを踏まえて考えると。

 

SEOを意識するという事は、「興味」に訴えるよりも「記事の内容が分かるタイトル」にしたほうがいいという事かな、と思います。

 

検索エンジンんのロボットには、感情がないので文字そのまんまを、覚えてくれます。

 

そして、検索エンジン経由で「人の目に触れる」事ができる。

 

誰かが検索エンジンで「キーワード」を入れて検索してる言葉と自分が言いたいことをまとめたタイトルのキーワードが出来るだけ一致するように、考えるということ。

 

そういうタイトルが出てきて、クリックすると、ちゃんとブログの比較をしてくれてたりおススメのブログについて解説してくれてました。

 

中身が何なのか分からないタイトルだと検索エンジンもピックアップしてくれないですよね。

 

いつもブログを覗いてくれてる人ならこのタイトルでもクリックしてくれるかもしれないけど相手は「検索エンジン」なのでね。
検索エンジンにピックアップしてもらえてその結果、「探している人の目に触れられる」ような
タイトルを意識すること。

 

ピックアップしてもらった時に「単刀直入な」タイトルだと、クリックされやすいです。

 

物販アフィリエイト教材・情報商材のおすすめとかは分かりやすくていいですよね!